コーヒーと健康

コーヒーと健康
古くは薬として愛飲されてきたコーヒー。現代では科学的な研究が進み、コーヒーと健康との関わりは数多く研究されています。このコラムではコーヒーと健康との関わりについて様々な観点からご紹介します。
  • パーキンソン病は神経変性疾患のひとつで、ある特定の神経細胞群が徐々に障害を受けることにより、機能しなくなっていく病です。コーヒーがパーキンソン病を抑える可能性が示唆された研究をご紹介します。
    2017.11.15
  • 食中毒を引き起こすO-157などの大腸菌や、胃の粘膜に感染して胃炎や胃潰瘍、胃がんを誘発するピロリ菌など私たちの身体に悪影響を及ぼす悪性の菌は数多く存在します。これらの菌に対し、コーヒーが抗菌作用を示す結果が得られた実験をご紹介します。
    2017.10.17
  • 近年、ぜんそくや花粉症、食物アレルギーなどのアレルギー性疾患の患者は急増しており、国民の2人に1人がなんらかのアレルギー性疾患に罹患しているそうです。コーヒーに含まれるクロロゲン酸が、アレルギー性疾患による症状を緩和する可能性が示唆された研究をご紹介します。
    2017.9.21
  • いつまでも健康で元気に若々しくいたい。誰しもがそう望むことでしょう。コーヒーを飲むことでアンチエイジング、つまり老化するスピードを遅らせることができるという嬉しい研究が発表されています。
    2017.8.10
  • 日本人の死因で上位にあがる心疾患や脳血管疾患は、共に動脈硬化が原因の一つとなっています。動脈硬化は加齢により誰にでも起こるものですが、さらに悪化させる一因が、コレステロールなどの脂質です。今回はコーヒーとコレステロールの関係について調べた研究についてご紹介します。

    2017.7.18
  • 大腸がんは、盲腸がん、結腸がん、直腸がんを合わせたがんのことです。2015年の統計によると、がんの中で女性の死亡数第1位となっており、男性では第3位となっています。国立がん研究センターの研究によると、コーヒー摂取により、大腸がんのリスクが低下する可能性が示唆されました。
    2017.6.15
  • 脳の病気である脳腫瘍。国立がん研究センターの研究より、コーヒーに脳腫瘍リスクを下げる可能性が期待できることが分かりました。
    2017.3.15
  • 2016年6月、WHOよりコーヒー摂取により発がんに対する決定的な証拠がないことが発表されました。近年の研究により、さまざまながんに効果がある可能性がわかってきています。 今回は、コーヒーと子宮体がんの関係についての研究をご紹介します。
    2017.2.15
  • 1991年、国際がん研究機関(IARC)よりコーヒーは「発がん性がある可能性がある」と報告されていました。しかし、2016年、同機関より、コーヒーについて「発がん性について分類できない」と新たに報告されました。さまざまな研究の結果、コーヒーはより危険性が少ないと認められたのです。


    2016.9.15
  • 梅雨明けも間近、いよいよ夏本番です。今年も暑い夏になりそうですね。汗の量が増える季節は水分補給をしっかり心がけたいもの。コーヒーと水分補給の関係についてご紹介します。
    2016.7.19
  • 2015年5月、国立がん研究センターより、コーヒー摂取により死亡リスクが低下するという研究結果が発表され話題になりました。男女約9万人を対象に行なわれた、約20年にも及ぶ追跡調査についてご紹介します。
    2016.5.16
  • 腸内環境を整える“腸活”が注目されています。コーヒーを飲む習慣で便秘が解消されたという研究結果や、コーヒーオリゴ糖の腸内への作用をご紹介します。肌の調子と腸内環境はとても深い関係があると言われているんですよ。
    2016.3.15
  • 脳卒中は血管がつまる「脳梗塞」、脳の血管が破れて神経細胞が死んでしまう「脳出血」、脳のくも膜の下にある脳動脈瘤が破れ、血液が脳全体を圧迫する「くも膜下出血」の大きく3つに分けられます。コーヒーがこの脳卒中の発症リスクを抑えるという報告が発表されています。

    2016.1.15
  • 国際糖尿病連合の発表によると、20~79歳の成人の12人に1人が糖尿病有病者と推定されています。今後増え続けるといわれている2型糖尿病の予防に、コーヒーが役立つと言われています。
    2015.11.16
  • 読書の秋。おいしいコーヒーを飲みながら、ゆっくりと本を読みませんか。コーヒーには、集中力や記憶力を高めてくれる効果があることは研究結果からも明らかになっています。
    2015.9.15
  • コーヒーには、胃液の分泌を活性化させる作用があります。
    そのため、コーヒーが「胃に悪い」という短絡的なイメージが出来上がっているのかもしれません。
    実際のところはどうなのでしょうか?
    2015.7.29
  • 「肝心(肝腎)」とは、もっとも重要であること。
    肝臓は欠くことのできない、生きる上でとても重要な役割を果たす臓器のひとつです。
    この肝臓の健康に、コーヒーが寄与しているとの見解がさまざまな研究によって明らかにされてきています。
    2015.5.26
  • 心疾患、脳血管疾患は死に至らずとも後遺症が残るなどして通常の生活に戻れなくなるリスクも高い病気。
    血管がつまって引き起こされるこれらの病気の原因として血栓があげられますが、コーヒーがこの血栓を溶かす成分を含み、病気のリスクを下げる可能性が研究によって示唆されています。
    2015.3.18
  • コーヒーを飲んだ後に頭がきりっと冴えて集中できるようになったことは、誰しも経験したことがあることでしょう。これはコーヒーに含まれるカフェインの効果だと考えられています。カフェインは自律神経に働きかけて交感神経を活性化し、思考力や集中力を高めてくれる効果があることは研究結果からも明らかになっています。
    2015.1.15
  • コーヒーに含まれるカフェインには運動時のエネルギー消費量を高める、中性脂肪の分解を促進するなど嬉しい働きがあります。おすすめのコーヒーの飲み方とともにご紹介致します。

    2014.10.16
  • 美肌の敵、シミ。シミとは顔や体にメラニン色素が局所的に多く作られて、皮膚の一番外側にある“表皮”の奥にたまった状態のことをいいます。コーヒーには美肌をサポートする働きが期待できます。
    2014.7.22
  • 自律神経とは、自らが意識しなくても自然に体の各機能を調整するように働く神経のことです。コーヒーは、交感神経だけではなく、副交感神経活動を促進させることが明らかになりました。
    2014.4.15
  • コーヒーショップにただようあの香り、心がほっと安らいで落ち着いた気分になりますね。
    コーヒーのもとである生豆(グリーンビーンズ)はいわゆるコーヒーの香りではなく、青々しい植物の香りがします。焙煎することによって生豆に含まれる成分(主にアミノ酸と糖類)の反応により、コーヒーのあの香りや風味がうまれます。
    2014.4.1