香りのリラックス効果

焙煎によって生み出される香り

コーヒーショップにただようあの香り、心がほっと安らいで落ち着いた気分になりますね。コーヒーのもとである生豆(グリーンビーンズ)はいわゆるコーヒーの香りではなく、青々しい植物の香りがします。焙煎することによって生豆に含まれる成分(主にアミノ酸と糖類)の反応により、コーヒーのあの香りや風味がうまれます。
一般的に、焙煎をすればするほど甘みが増し、酸味は減少、苦味は増加しますが、同じ豆でも焙煎の程度を変えると味と香りは大きく変わります。

また、コーヒーの香りを示す成分は1つとは限りません。少なくとも800種の香り成分が存在することが知られていて、それらの組合せであの香りができています。今回は、コーヒーの香りによるリラックス効果についてご紹介します。

コーヒーの香りでα波が多く出現

杏林大学医学部の古賀良彦教授らは、コーヒー粉末、レモン油、蒸留水を用いて、香りのリラックス効果を調べました。(※1)
リラックス効果の指標とされたのがα波という脳波です。人間がリラックスしたときに、脳ではこのα波が多く出てきます。つまり、α波が多く出ているほどリラックスしているという訳です。
その結果、レモン油、蒸留水に比べ、コーヒーの香りをかいだときに多くα波が現れることが分かりました。
また、別の研究ではこのリラックス効果は、焙煎の仕方によっても変化し、浅煎りと深煎りでは、深煎りのほうが高いことが分かっています。

コーヒー豆の種類によるリラックス効果の違い

古賀教授らはコーヒー豆の種類により味や香りが異なることに着目し、様々なコーヒーの香りでα波を測定してリラックス効果の違いについても調べました。(※2)

研究で使用されたコーヒー豆は、ブラジルサントス、グアテマラ、ブルーマウンテン、モカマタリ、マンデリン、ハワイコナの6種類。実験の結果、α波が最も多く出現したのが、グアテマラとブルーマウンテン。その一方、マンデリンやハワイコナでは、α波があまり見られないという結果になりました。この結果、コーヒーの香りすべてにリラックス効果がある訳ではなく、コーヒー豆により差があることが分かりました。

リラックスしたいあなたにおすすめのコーヒー

忙しい仕事や家事の合間にちょっと一息いれてリラックスしたい、そんな時におすすめなのはスティックコーヒーや個包装のドリップコーヒー。手軽に香り高いコーヒーを楽しむことができますよ。

<参考文献>

※1:社団法人 全日本コーヒー協会「コーヒーとからだのおいしい話」

※2:「コーヒー豆の種類の違いによる香りのリラクゼーション効果の差異」日本味と匂学会誌 8,3,343-306(2001)